名言・格言まとめ

成功哲学・能力開発・目標達成にまつわる名言を

名言・格言 書籍情報あり

上から与えられた目標と下からの現実的な算定基礎のギャップを埋めるために()

投稿日:

上から与えられた目標と下からの現実的な算定基礎のギャップを埋めるために、コーチングでは、三つの代表的なアプローチがあります。

第一の方法は「個人の能力を高める」というものです。

(省略)

第二は「やる気を高める」というアプローチです。

(省略)

第三に「やり方の見直し」が効果的な場合があります。

(本間正人、松瀬理保『コーチング入門』)




スポンサーリンク




スポンサーリンク

-名言・格言, 書籍情報あり
-, , ,

執筆者:

関連記事

no image

前日の夜のうちに、「明日すること」を書いておく(築山節)

前向きな自分をつくるために、次に大切なのは、目標を脳にはっきり認識させることです。 (省略) 前日の夜のうちに、「明日すること」を書いておく。 (築山節『脳と気持ちの整理術―意欲・実行・解決力を高める …

no image

ポジショニングの第一ステップは(アル・ライズ、ジャック・トラウト)

ポジショニングの第一ステップは、消費者の頭の中を探ることである。 (アル・ライズ、ジャック・トラウト『ポジショニング戦略』)

no image

人間関係があれば商品を見なくても売り上げが創れる(小阪裕司)

もちろん店主が教えたことにお客さんが素直に反応する背景には、店主と既存客との人間関係がある。 そして換言すれば、人間関係があれば商品を見なくても売り上げが創れるということでもあるのである。 (小阪裕司 …

no image

もし暇がなかったら(小飼弾)

その時期がきたらすぐ動けるように待つ。 そのためにも、暇、時間が重要です。 もし暇がなかったら、チャンスがきたとしても見送るしかありません。 (小飼弾『弾言 成功する人生とバランスシートの使い方』)

no image

80は将来を考えるのに使い、20は現在と過去を考えるのに使うべき(久保憂希也)

あなたがアイデアを出せなくなっているのは当然です。 忙しすぎるんです。 (省略) つまり、80は将来を考えるのに使い、20は現在と過去を考えるのに使うべきだということ。 (久保憂希也『元国税が教える会 …