名言・格言まとめ

成功哲学・能力開発・目標達成にまつわる名言を

名言・格言 書籍情報あり

ニュースレターとは、日頃希薄になっている、客との人間関係を深めるツールなのだ(高田靖久)

投稿日:

(ニュースレター)

売り込まない。

自分のことを書く。

店のことを書く。

商品のこだわり、思いを書く。

スタッフを紹介する。

場合によっては客の誕生日を掲載する。

もっと自分のことを知ってもらう。

店のことを知ってもらう。

「私はあなたのことを大事にしているんですよ」という思いを伝えるのだ。

つまり、ニュースレターとは、日頃希薄になっている、客との人間関係を深めるツールなのだ。

(省略)

売り込みはいけないが、情報提供はしなければならない。

あなたがプロとして、商品に対するアドバイスをするのだ。

客が知らない、こだわり・うんちくをどんどん伝える。

これをくり返しているうちに、客はあなたのことを、今まで以上に信頼するようになる。

その結果、他のところからは商品を買えなくなってしまう。

というより、もう逃げられない。

(高田靖久『お客様は「えこひいき」しなさい!』)




スポンサーリンク




スポンサーリンク

-名言・格言, 書籍情報あり
-, ,

執筆者:

関連記事

no image

『商品』ではなく『消費者の頭の中』を見つめよ(アル・ライズ、ジャック・トラウト)

「ポジショニングの問題を解決したいなら、『商品』ではなく『消費者の頭の中』を見つめよ」 (アル・ライズ、ジャック・トラウト『ポジショニング戦略』)

no image

自分に思いやりが足りない人ほど相手に思いやりを求める(美輪明宏)

自分に思いやりが足りない人ほど相手に思いやりを求める。 自分の言葉が相手を傷つけていないか、まず反省してみる事。 (美輪明宏)

no image

やはり太陽光を浴びることが大切です(有田秀穂)

また、セロトニン神経を活性化するには、2500ルクス以上の照度が必要とされています。 蛍光灯の光は500ルクス程度ですから、会社や自宅の照明では不充分です。 日中の太陽光なら、曇っていても5000ルク …

no image

お客様は、「食べたいとき(ウォンツ)」ときに、飲食店を利用しているのではなく(高田靖久)

「食べる必要性(ニーズ)」に迫られて利用しているのか? それとも「食べたいとき(ウォンツ)」に利用しているのか? (省略) 「忘年会」であれば、日頃は外食をしない人まで含めて、外食をしなければならない …

no image

そうやって自分で自分をコントロールすることが楽しめるようになったら(水野敬也)

「(略)食べたいと思ても腹八分で必ずおさえるんや。  そうやって自分で自分をコントロールすることが楽しめるようになったら、生活変わってくるで」 (水野敬也『夢をかなえるゾウ』)