名言・格言まとめ

成功哲学・能力開発・目標達成にまつわる名言を

名言・格言 書籍情報あり

こういったものを発行する目的は、毎月お客に会わないで会うことです(小阪裕司)

投稿日:

(ニューズレターについて)

こういったものを発行する目的は、毎月お客に会わないで会うことです。

実際に生身で会うことはないのですが、あたかも会ったかのような気持ちになる。

そうして人間関係が持続する。

育まれる。

そういうことを目的としています。

(小阪裕司『「儲け」を生みだす「悦び」の方程式 ―見える人にしか見えない商売繁盛の「仕組み」とは』)




スポンサーリンク




スポンサーリンク

-名言・格言, 書籍情報あり
-, ,

執筆者:

関連記事

no image

小学5年生に分かるように(松本賢一)

マーケティングでは、「小学5年生に分かるように」というセオリーがあります。 (松本賢一『御社の「売り」を小学5年生に15秒で説明できますか?』)

no image

ひとつ実績を作れば、ふたつめはもっと簡単(神田昌典)

ひとつ実績を作れば、ふたつめはもっと簡単。 実績は「ある」のではない。 この瞬間に、自分で作るのだ。 ひとつの実績が、二つ目、三つ目を連れてくる。 (神田昌典『仕事のヒント』)

no image

脳は本などを読んで得た記憶よりも(林成之)

人間の体験記憶は非常に強力で、脳は本などを読んで得た記憶よりも、体験記憶にもとづいて物事を判断する傾向があります。 (林成之『脳に悪い7つの習慣』)

no image

脳はバランスを大切にするので、一つの知能を鍛えると、他の知能も相対的に高まります(林成之)

会話を楽しむことのメリットは、言語知能が鍛えられることです。 言語知能は表現知能の一つですが、表現知能には理論知能、計算知能、音感知能、空間認知能、運動知能があります。 脳はバランスを大切にするので、 …

no image

本の価値は、極論すれば、内容が偏っていることにあります(小飼弾)

本の価値は、極論すれば、内容が偏っていることにあります。 ひとりの著者が、独断と偏見による考えを披露するのが本です。 両論併記の中庸な意見より、いろいろな立場からの独断と偏見をいくつも取り入れた方が、 …