名言・格言まとめ

成功哲学・能力開発・目標達成にまつわる名言を

名言・格言

一日中ご一緒したのに、なにも話を振ってもらえないほうがおかしい(神谷竜太)

投稿日:

相手がチャンスをくれるということだが、もしこちらに興味を示してくれなかったら、つまりチャンスをもらえなかったら、どうしたらいいのか?

その問いに甲州はにこやかに冗談めかして答える。

「ふつうに考えてみてください。一日中ご一緒したのに、なにも話を振ってもらえないほうがおかしい。それは、言動とか態度とか身なりとか、自分になんらかの問題があると思ったほうがいいですね。まず、ふだんの自分を見つめ直してみることです」

(神谷竜太『プロフェッショナルセールスマン ―「伝説の営業」と呼ばれた男の壮絶顧客志向』)




スポンサーリンク




スポンサーリンク

-名言・格言
-, ,

執筆者:

関連記事

no image

フォーカス対象を変えることで(山下貴史)

フォーカス対象を変えることで、それまで全く気がつかなかった強烈な解決策を導き出す可能性があるのです。 (山下貴史『アイデア脳を作る水平思考のすすめ方 仮説力を鍛えるラテラルシンキング』)

no image

一〇年後に自分の会社がなすべきことを定めねばならない(アル・ライズ、ジャック・トラウト)

ポジショニングで成功するには、来月、来年、あるいは五年後、一〇年後に自分の会社がなすべきことを定めねばならない。 (アル・ライズ、ジャック・トラウト『ポジショニング戦略』)

no image

クライアントの現状と目標、そして自発的な行動に焦点を当てて(本間正人、松瀬理保)

そのプロセスとして、コーチは、毎回のコーチング・セッションで「耳を傾け、質問を投げかけ、クライアントがどんなことに焦点を当てて話し合うかを決めることにより、クライアントが行動を起こす」ようにします。 …

no image

チャレンジして失敗を怖れるよりも(本田宗一郎)

チャレンジして失敗を怖れるよりも、何もしないことを怖れろ。 (本田宗一郎)

no image

目の前にいる人を救うために何ができるか考える(美輪明宏)

目の前にいる人を救うために何ができるか考える。 神様の目をまっすぐに見つめて胸を張れる生き方。 それが揺ぎない信念。 (美輪明宏)