名言・格言まとめ

成功哲学・能力開発・目標達成にまつわる名言を

選択理論の名言・格言

名言・格言

  1. 世間が使う外的コントロール心理学の簡単な前提は(ウィリアム・グラッサー)
  2. 不幸な人はすべて同じ問題をかかえているということが明らかになった(ウィリアム・グラッサー)
  3. 本書は、不幸なときにほとんどすべての人が自問する重要な質問に答えたものである(ウィリアム・グラッサー)
  4. 不幸のほとんどすべては、幼少時代に種がまかれている(ウィリアム・グラッサー)
  5. 私たちは問題の多くをコントロールできるのだ(ウィリアム・グラッサー)
  6. 私たちは自分で認識している以上に自分自身をコントロールしている(ウィリアム・グラッサー)
  7. 私たちは自分の行為と思考のすべてを選択している(ウィリアム・グラッサー)
  8. 選択理論によると、みじめな感情も含め、自分たちの行動のすべてを自ら選んでいるのである(ウィリアム・グラッサー)
  9. 子供のために親が出来る最高のことは(ウィリアム・グラッサー)
  10. 四つの主要な人間関係とは(ウィリアム・グラッサー)
  11. 人生の成功のためには、良い人間関係がどんなに重要であるか(ウィリアム・グラッサー)
  12. 自分で行動を選択できることを彼に学んでもらい(ウィリアム・グラッサー)
  13. まず私との関わりをもてるように手助けする(ウィリアム・グラッサー)
  14. 現実療法の中心は、人間関係において、あなたが何を選択するかであって(ウィリアム・グラッサー)
  15. 選択理論は、人の行動は(ウィリアム・グラッサー)
  16. 自分の選択が最善だと信じている(ウィリアム・グラッサー)
  17. 不幸を自分が選んでいる(ウィリアム・グラッサー)
  18. でもその選択の時点では、その人にとって(ウィリアム・グラッサー)
  19. 通常精神病と呼ばれる選択をするときに伴うほとんどすべての苦痛、もしくは異常は、遺伝子の警告である(ウィリアム・グラッサー)
  20. 報われる人生を送ろうとするならば(ウィリアム・グラッサー)
  21. 現在の心理学そのものが、不満足な人間関係の根源であり、多くの人の人生を苦しめているのである(ウィリアム・グラッサー)
  22. 原因が何であれ、精神病と言われているものは(ウィリアム・グラッサー)
  23. すべてのカウンセリングの底にある基本的な原則のひとつは、クライアントに裁くような気持ちを持たないで接することである(ロバート・ウォボルディング)
  24. 皮肉なことに、リアリティ・セラピーでは「行為」行動が強調されているとはいえ(ロバート・ウォボルディング)
  25. リアリティ・セラピーの5原則(ロバート・ウォボルディング)
  26. 同一性社会特有の孤独という病をいやすためには(ロバート・ウォボルディング)
  27. リアリティ・セラピーの考え方によれば、人間の行動には目的があり(ロバート・ウォボルディング)
  28. リアリティ・セラピーは人の生き方を示すものであり(ロバート・ウォボルディング)
  29. カウンセリングを「術」として考えるならば、とても重要な要素がある(ロバート・ウォボルディング)
  30. リアリティ・セラピーは、いくつかの原則にのっとっている(ロバート・ウォボルディング)

投稿日:

執筆者: